人気アパレルブランド、オルタモント(ALTAMONT)を紹介します。

人気アパレルブランド、オルタモント(ALTAMONT)を紹介します。ブランド参入後すぐに多くのファンを獲得したオルタモントの特徴とは?

オルタモント(ALTAMONT)は2006年アメリカ・LA発のアパレルブランドです。
メイドインUSAを売りにした作りや上質なコットン生地を使っているのが特徴的で、
ブランド参入してから日が浅いものの多くのファンを魅了しています。

ブランド設立当時、ルーズさがストリートの定番として扱われていた中で
スマートなストリート系アイテムを提案するなど、斬新な商品展開でも話題を呼びました。
世界中の限られたショップでしか買えない限定性から、
セレブや芸能人のアイテムとしても有名です。

同ブランドはアーティストやミュージシャンとのコラボを多々企画しているので
そちらにも注目してみてくださいね。

ブランド名の由来は、ローリング・ストーンズのライブの悲惨な事件を
忘れないために、そのライブ場所の名前から来ています。
今ではそれに加えて人種差別反対などのメッセージも含んでいるようです。

オルタモントのアイテムはスマートで独特なアイテムが多いので、
ストリートスタイルに限らずカジュアルやサーフスタイルでの着こなしもオススメです。

ストリートスタイルの場合は他ブランドと組み合わせるとシルエットの強弱が際立ち
メリハリのあるコーデが決まりますよ。

人気ファッションブランド、ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)を紹介します。

人気ファッションブランド、ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)を紹介します。
大人の魅力を引き出すと言われる同ブランドアイテムの特徴とは?

ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)
はファッションの企画、販売を
手掛けるベイクルーズ社のショップ名及びブランドです。
ジャーナルスタンダードという名前は情報や旬に柔軟に対応し、なおかつ定番も扱う
という意味合いが込められています。
同ブランドの特徴としては、アメリカンテイストを始めとして様々なデザインの
アイテムが豊富にあることが挙げられるでしょう。
セカンドラインでの生産も含めた全体的な方向性としてはアダルト寄りの、気品やゆったり感のあるアイテムが多いです。
特に性別を選ばないヴィンテージとリラックスした印象を見せるレディースがメインになっています。

ジャーナルスタンダードのアイテムの着こなしとしては、前述したような大人ならではの
ゆったり感、落ち着きを生かす方向が良いでしょう。
合わせるアイテムが気品が感じる物ならばリッチさも付与されつつ
全体的なまとまりが出てきますよ。
具体例を出すならばメンズはVネックシャツ、レディースならニットアイテムがオススメです。

また、カラーは黒系統でも良いですが、爽やかさのある色を合わせると
気取らない品格のある大人を演出できます。

人気アパレルブランド、アールディーズ(ALDIES)を紹介します。

独特の作りが評判の同ブランドの特徴とは?

アールディーズ(ALDIES)は2004年に設立したアパレルブランドです。
同ブランドは”小物”がアイテム製作のコンセプトになっており、ブランド設立当初はリュックサック、
キャップなどの帽子類を手掛けていました。
その後、解釈を広げボトムスを生産するようになり、現在に至ります。

アールディーズ(ALDIES)のアイテムの特徴としてはその独特の柄や色合いが挙げられます。
そのデザインからあふれ出る緻密さとパステル色のファンシーさを併せ持つアイテム郡は極めて個性的です。
また、一見レディース向けのアイテムに見えてもメンズのコーデに取り入れやすかったりするので
ユニセックスな印象も感じられます、もちろん逆も然りです。
オリジナルTシャツ 作成のデザインの参考になっていたりもします。

日本においては都心部を中心にショップを開いており、その個性的なアイテムのファンが多く訪れています。

アールディーズの着こなしとしてはカラーリングの良さを生かしてアウトドア、サーフ系など自然に合うスタイルが良いでしょう。
どこかファンシーでありながらやわらかい色合いは爽やかな青空や木々に良く映えます。
また、カラフルさから民族的要素を有しているようにも見えるのでルーズに着崩してストリートスタイルで決めるのもオススメです。

人気カジュアルウェアブランド、ザ・フラットヘッド (The Flat Head)を紹介します。

人気カジュアルウェアブランド、ザ・フラットヘッド (The Flat Head)を紹介します。
アメカジ系でありながら日本独特の技術を大切にする同ブランドのその特徴とは?

ザ・フラットヘッド (The Flat Head)は1996年に創設された日本発のカジュアルウェアブランドです。

戦後のアメリカンカジュアルを起点として”過去と今”を混ぜ合わせたテーマで製作、販売を行っています。

同ブランドの特徴としてはメイドインジャパンへのこだわりやレザーなどの生地に着目した作りなどが挙げられます。
特に鹿革のレザーパンツは本来製作がし辛いとされる鹿の一枚布を職人の技術を用いて生産され、話題を呼びました。

こうしたアイテムへのこだわり抜いた取り組みは多くのファンを惹きつける要素にもなっています。

またジーンズアイテム分野ではそれぞれテイストが違う
フロンティア、パイオニア、フューチャーシリーズ

など、バリエーション豊富な商品展開を行っています。

同ブランドアイテムの着こなしとしては、フラッド・ヘッドのテーマの通り、アメリカン・カジュアルで扱うのが良いでしょう。
トップス、ジーンズ共にアメリカの文化や流行を意識したコーデをすれば味わい深さもしっかり引き出せます。

ヴィンテージアイテムと合わせてもお互いの個性が出て魅力的なコーデに仕上がりますよ。

人気ファッションブランド、ロンハーマン(RonHerman)を紹介します。

人気ファッションブランド、ロンハーマン(RonHerman)を紹介します。近年では多様な分野での活動が目立つ同ブランドの特徴とは?

ロンハーマン(RonHerman)は1976年アメリカ・LAにて設立されたファッションブランドです。

同ブランドの特徴はカリフォルニアの風土を感じるような爽やかさや軽快さのあるアイテムが多いこと。
アメリカ西海岸をイメージする要素が含まれているので、それに惹かれるサーファー達の支持を長い間得ています。

また、アクセサリーやラグジュアリーも販売しており、こちらも西海岸文化特有のカジュアルさが評判です。
それ以外でも同ブランドは家具やカフェなど多様な分野に進出しているので、そちらで名前を知った方も少なくは無いでしょう。

日本においては店舗が国内に複数あることや雑誌コーデにロンハーマンのアイテムが
良く登場することから知名度は高いと言えます。

ロンハーマンのアイテムの着こなしとしてはやはり、
爽やかな特徴を生かしたサーフスタイルがオススメです。
この場合、ボトムス選びにはハーフパンツやスウェットアイテムが良いでしょう。
デニム類は重たい印象にならないように注意が必要です。

また、大人の品格が感じられやすいアイテムが多いのでドレススタイルにもしっかり合います。
同ブランド他ラインにはミリタリー系アイテムもあるのでそちらも要チェックですよ。